· 

”その子の中での成長”を見守る

NELでの週1回、50分のレッスン。

様々な場面で子どもたちが成長する姿を見ることができるのは、他に代え難い喜びに満ちています。

そして、子どもの成長は、つくづく「その子の中での成長」であり、「他の子と比べたものではない」ということを実感しています。

 

例えばプログラミング。

全ての子が夢中になり、プログラムを理解し論理的に考える、というわけではありません。

すぐに夢中になる子もいますが、難しいと感じている子もいます。

タイピングも同様です。

指の位置をどんどん覚えて、瞬く間に早く打てるようになる子もいれば、丁寧に取り組みながら、着実にスキルアップする子もいます。

 

プログラミングが理解できる、タイピングがスイスイ打てる、という子でも、続けていくうちに意欲が落ちたり、壁に当たることもしばしばです。

 

 プログラミングを難しいと感じていた子が、あるとき急に理解が進み楽しさを感じることもあります。

タイピングでも、上手く行かないイライラを徐々に乗り越えながら、小さな前進を重ねるうちに、グンと成長するケースもあります。

 

どの子にも素敵な個性があるように、成長の早さやタイミングにも個性があります。

私たちはこの事実を忘れてはいけません。

他の子と比べるのではなく「その子の中でどう成長できているだろうか?」という部分を見つめ、小さな変化を大切にしていきたいと思います。

 

点数になるような分かりやすいものではありませんが、ご家庭でも、お子様の中での成長を見つけたときには、その素晴らしさや感動を、お子様と一緒に味わってみてください。(2019年12月)