幼稚園・保育園でプログラミング

幼稚園・保育園でのICTタイム。

「つくる・つたえる」をテーマとしたカリキュラムも終盤に入ってきました。

今年度より「プログラミング」を取り入れていきます。

今回は「みんなで折り紙〜プログラミング」という2回構成の活動です。

まず、3人グループで1台のiPadを使い「どうぶつおりがみ」の中から折りたいどうぶつを決めていきます。
話し合って決めたり、じゃんけんで決めたり、決め方はそのグループに任せています。

その後、折り紙の色を選んだら、協力しながら折り進んで行きます。

( 「どうぶつおりがみ」https://mirai.education/appall.html?s=4&id=L_l0slNSCdU )

自分たちでも折れそうなどうぶつもあれば、大人でも難しいものもあります。

どうやって折ればいいのか考えたり教えあいながら、力を合わせて沢山のどうぶつを折ってくれました。

折り終わった後の感想では、

「難しいところもあったけれど、完成出来て嬉しかった」

「みんなと一緒につくったら、楽しかった」

という声をたくさん聞くことができました。

ICTタイムノ基本のお約束「まつ・みる・おうえんする」もしっかり覚えて、多くの子が活動の中で発揮できるようになってきました。

次回は、プログラミングアプリを使って、自分たちが折ったどうぶつたちを、動かしたり、鳴き声を出したりする予定です。

園児たちが、みんなと一緒にどんな作品を創ってくれるのか、とても楽しみにしています。